1. ファクトリー

    EC 事業 オンランショップ

  2. OEM

    OEM・PB 製造受託事業

  3. 冨士天ぷら「いだ天」宮古南店

  4. 冨士天ぷら「いだ天」ベトナム・ダナン店

  5. 鉄板焼「THE TEPPAN」ベトナム・ダナン店

  6. FUJI CAFE CUP’S ベトナム・ダナン店

  7. 冨士天ぷら「いだ天」河口湖本店

  8. 海鮮ほうとう専門店「ほうとう研究所」河口湖本店

  9. 料理体験

【プレスリリース】アフターコロナを見据え、宮古島に3月、沖縄天ぷらと冨士天ぷら  両方を楽しめるレストラン「冨士天ぷらいだ天」がオープン

株式会社クリエイティブリゾート(本社:山梨県富士吉田市、代表取締役CEO:加藤 慎一)は、株式会社サンクスインフィニティ(本社:岡山県総社市、代表取締役:荒木 正光)とFC契約を締結し、2022年3月に宮古島にて「冨士天ぷらいだ天」をオープンすることを発表いたします。

店内イメージ

【背景】
旧友であった株式会社クリエイティブリゾートの加藤と株式会社サンクスインフィニティの荒木様の間では毎年宮古島へダイビングに訪れることが恒例となっており、訪れる度に宮古島という地域・人に魅了され、いつか出店をしたいと2人で話すようになっていたところ、イオンタウン宮古南内のテナント一画にて今回の機会を頂くことができ、出店へと至りました。

冨士天ぷらいだ天ではライブキッチンをコンセプトに、お客様の目の前で調理をした揚げたての天ぷらが楽しめると多くのお客様よりご好評を頂いております。新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている飲食業界ですが、今回の出店に関してアフターコロナを見据えた観光集客を目的とし、新店立ち上げと地産地消食材を取り入れたメニューに加え、新たな雇用促進による地方創生にも繋がるビジネスモデルの確立を目指します。

店内イメージ

【店舗情報】
店名  :冨士天ぷらいだ天 宮古南店
開店日 :2022年3月1日(火)
所在地 :〒906-0014 沖縄県宮古島市平良松原631
アクセス:イオンタウン宮古南ショッピングセンター内

【店舗紹介】
宮古南店においては、冨士天ぷらと沖縄天ぷらをお客様にてご選択頂き、食べ比べができることが特徴です。山梨の本店では天ぷらと郷土料理である吉田のうどん、沖縄では天ぷら(冨士・沖縄)と沖縄そばをご一緒に、また地元の方のご協力により、本格的な沖縄料理もご堪能頂けます。沢山のお客様に飽きの来ない、何度でも楽しんで頂けるメニュー構成となっております。

【冨士天ぷらとは】
冨士天ぷらとは、山梨県の富士山の麓にある当店が名付けた天ぷらの総称です。(主に本州の天ぷらを意味します)『河豚食わぬ奴には見せな不二(富士)の山』フグを食べる勇気のない奴に、富士山を見る資格はない。小林一茶の俳句にならい、ふぐの天ぷらもご提供しております。

【株式会社クリエイティブリゾートについて】
株式会社クリエイティブリゾートは山梨県富士吉田市に本社をおき、日本有数の観光地である河口湖と、ベトナムのダナン(子会社:有限会社クリエイティブリゾートダナン)にて飲食業を中心としたリゾート業全般を幅広く展開して参りました。

今回のFC出店先である宮古島は宮古ブルーと呼ばれる美しいビーチ・ダイビングスポットを有する国内有数の観光地でもあります。社名にもある通り、リゾート地でクリエイティブな事業を運営する会社として、“全ての人のライフスタイルにわくわく感を提供する”という経営理念のもと、宮古島でも地元の方や観光客の方を含む全ての方に楽しんで頂けるよう努めて参ります。また、今回の出店に関しては新型コロナウイルス感染症の終息等を見極めながら、政府の方針に従い出店準備を進めていく所存です。

■会社概要
商号  : 株式会社クリエイティブリゾート
代表者 : 代表取締役CEO 加藤 慎一
所在地 : 山梨県富士吉田市松山1603
設立  : 2014年8月
事業内容: 飲食店の経営、経営コンサルティング、食品・日用品・土産品・消耗品の製造及び輸出入、卸売及び販売
資本金 : 3,000万円